記事一覧

プロフィール

Otomo

Author:Otomo
Otomo。
音で色んな人の人生や生活のお供をしたいと言う気待ちでこの名前を付けました。

勿論誰の人生にも付いていけるほど器用ではないけど、
誰かが必要としてくれる時があるんじゃないか。
そんなシチュエーションがあるんじゃないか。

誰のどんな所にお供できるかは俺は決めません。

イシワタユウイチ。
作曲、編曲、アコギ、エレキギター、ベース、ドラム、DTMなどを独学で習得し、マルチに活動してきた。

過去にFuzz like girl、ドライセン、壁の惑星、KRAFT、EMU、Peppermint shunauzerなどのバンドやユニットでギターボーカルやベーシストやアレンジャーとして活動してきました。

作曲家としては誰もが持つ痛みや心の奥に隠した闇を自ら曝け出し、そんなクローズとされているものに正面から向き合い、痛みを共有するこで誰かを救いたいという希望のもと、時にエモーショナルに、時にスウィートに、時にドローンな世界観と深層世界を音に変えるアーティスト。

ベーシストとしてはブラックミュージックに影響を受け、グルーヴというものを大事に縁の下の力持ち的な役割で花形を際立たせる事を得意としたスタイル。
演奏の土台をしっかりと締めるプレイをする。
ピック、指引き、スラップどれでもこなす。

DTMはAbleton live9とlogicproXを使用し、バンドサウンドからシューゲイザーやエレクトロサウンドを作る。

ギタリストとしては、和音や倍音の響きを重要視した唯一無二なプレイをノイズギターや複雑なコードワークでプレイする事を得意とする。

ファズとリバーブとディレイは必須。

2015年、自分の中にあるこの2人をコントロールしてようやくソロとして活動を開始する。

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。